ムサッハン

  • :パレスチナ料理

  • 現地表記

    :مسخن(アラビア語)

  • 概要

    :鶏のソマック焼き

ムサッハン

イスラエル・パレスチナの地には、パレスチナ人が古くから作ってきた、ムサッハンという鶏料理があります。ソマックという、日本の「ゆかり」に似た酸味ある粉末をたっぷりかけた、エキゾチックな味わいの至極美味たる一品です。パレスチナでこの料理をふるまわれることは、大変名誉なことであると言われています。

材料

4~8人分):

鶏肉(※1)
500gくらい
オリーブオイル
大1
玉ねぎ
中2個
シナモンスティック
少々
ベイリーフ
1、2枚
クローブ粒
2本
カルダモン粒
さやのまま2、3粒
小2/3
1カップ
ホブズ(※2)
直径25cmくらいのを1枚
ソマック(※3)
大2
ナッツ
好きな量
  • ※1:足など好きな部位でよい。
  • ※2:ホブズは、ピザ生地を焼くように作ればよいですし、市販のピザ生地が使えます。
  • ※3:日本のゆかりに似た西アジアのパウダー香辛料。ない場合は、省くよりも、ゆかりをふりかけるほうが似た味わいになります。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎを2cm角に切る。
  2. カルダモン粒のさやにキッチンばさみで切れ目を少し入れる。
  3. 鶏肉が入るサイズの鍋にオリーブオイルと玉ねぎ角切り1個分を入れて、シナモンスティック、ベイリーフ、クローブ粒、カルダモン粒、塩、水を入れて、ふたをして弱火で30分ほど煮る。
  4. チキンを取り出し、スープの味見をし、味が薄いようなら塩や鶏がらスープの素でしっかりしたスープの味にする。
  5. ホブズを円形の皿の上に乗せ、スープをかけてしみこませる。
  6. チキンをホブズの上に乗せ、残りの玉ねぎ角切り1個分を乗せ、ソマックをふりかける。
  7. チキンの乗ったホブズを高温のオーブンに入れ、チキンに焦げ目がつきはじめるくらいまで焼く。
  8. 仕上げに砕いたナッツを散らしてできあがり。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 仕上げにさらに刻んだコリアンダーの葉を散らすこともあります。

Tips about cuisine

  • パレスチナの言葉(アラブ語)で、ムサッハン、ムッサハハンなどと呼ばれる。
  • ムサッハンをアラビア語で表すと、「مسخن」となる。
  • ムサッハンを英語アルファベットで表すと例えば「Musakhan」や「Musakhkhan」のようになる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

2 thoughts on “ムサッハン

  1. コメントを残してくれてありがとうございます!!まさにこの「料理のレシピのブログを頑張っていて良かった!!」と、心が温まる嬉しいコメントでした。感謝しています。

  2. 重冨利江 より:

    はじめまして。
    トルコ人の友人からスマックを分けてもらったのですが、玉ねぎのサラダにかける以外に何か他に使いようがないか模索していたところ、こちらにたどり着きました。
    レシピはわかりやすく、どんな味がするかも分からず作りましたが、大変美味しく出来ました。(ただオーブンに入れたまま忘れてしまい、生地が煎餅のようにバリバリになってしまいましたが。。。)
    貴重なレシピを教えていただき、感謝します!
    因みに、アルバニア風レバーの料理も試してみましたが、こちらも美味でした。これからはレバーはこのレシピで食したいと思います。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です