オクラアンドトマト

  • :米国料理

  • 現地表記

    :Okra and Tomatoes(英語)

  • 概要

    :オクラとトマトとベーコンの炒め物

オクラアンドトマト

ごはんできたよ~、ベーコンとオクラだよ

(何口か食べた後に)これってどこの国の料理?

えーだってベーコンとオクラだよ

アメリカの晩ごはんってこんな感じなんだよな

すごーい、正解!


上は食事中の会話抜粋です(笑)。アメリカ南部にはアフリカ人子孫が多くおり、アフリカの料理に頻繁に使われるオクラが、アメリカに生きる子孫にもソウルフードになっています。でも、ベーコンを使うので、やはりアメリカのテイストになります。味付けは塩こしょう程度で、味付けの複雑さなどにこだわらないあたりも、米国料理なのだなと思います。

材料

2人分):

ベーコン
2枚(※1)
サラダ油
大1(※2)
玉ねぎ
1/2個
オクラ
20本
小1/2
トマト(※3)
刻んで1Cくらい
砂糖
ひとつまみ(※4)
こしょう(※5)
少々
  • ※1:2枚のベーコンで50gくらい。脂身が多いほうがよい。
  • ※2:ベーコンから出る油の量次第で、増減してよいですが、油が多いほうが米国料理らしさが出るような気もします。
  • ※3:ミニトマトを刻んで1Cくらいにしてもよい。
  • ※4:トマトの酸味を和らげる作用があるので、トマトの酸味によって加減します。
  • ※5:ふつうのこしょうで良いのですが、粗挽きのこしょうをふりかけると、米国料理風味がアップするような気がします。

調理時間

作り方

  1. ベーコンを1cm幅に切り、フライパンに敷き詰めるように重ならないように並べ、油を入れて弱火で炒め、カリカリになるように両面を炒める。
  2. その間に玉ねぎを薄切りにし、オクラを1cm長さに切り、トマトを1cm角くらいに刻んでおく。
  3. ベーコンがカリカリになってきたら、フライパンの隅に寄せて、フライパンに残っている油で玉ねぎを中火で炒める。
  4. 玉ねぎが柔らかくなってきたら、オクラを加え、中~強火で炒める。
  5. オクラがしんなりしてきたら塩を入れ、ベーコンを含めて全体が均一になるように混ぜる。
  6. トマトを入れ、中~強火で炒める。
  7. トマトがしんなりしてきたら砂糖を加え、全体が均一になるように混ぜる。
  8. 味見をして、塩加減、酸味と甘さ加減を調える。
  9. 仕上げにこしょうをふって出来上がり。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ベーコンがカリカリになるほうがよいので、ベーコンを炒める時間は10分くらいかかります。
  • オクラのヘタは取らなくてよいです。気になるなら取ってもよいです。
  • カリカリになったベーコンを、一度他のお皿に取り出して、最後にフライパンに戻しても良いです。
  • オクラを炒めているとき、油が足りないと思ったら追加します。
  • オクラを炒めているとき、もっとしんなりさせたいと思ったら、水を少々入れます。

Tips about cuisine

  • 「オクラアンドトマト」の英語(米国の公用語)の綴りは「Okra and Tomatoes」。
  • 発音は「オクラ・エン・トメイトウ」みたいになる。
  • 白いご飯と合わせて食べることが多い。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です