スペチャピーラージニ

  • :ラトビア料理

  • 現地表記

    :Speķa pīrādziņi(ラトビア語)

  • 概要

    :ベーコン角切り入りのミニロールパン

スペチャピーラージニ

バルト海に面したエストニア、ラトビア、リトアニアは、バルト三国と呼ばれます。このあたりの国々は、パンが美味しい印象があります。バルト三国の中央に位置するラトビアでは、ベーコンが美味しいミニロールパンに感激しました。

材料

9個分):

強力粉(※1)
130g
薄力粉(※1)
60g
100mL
小2/3
砂糖
小2
サラダ油
小2
ドライイースト
小2/3
ベーコン(※2)
80g
玉ねぎ
小1/4個
ラード(※3)
小1
薄力粉
適量(※4)
卵黄
1個
  • ※1:配合は好みでよい。中力粉を混ぜてもよい。
  • ※2:ベーコンは厚さ5mm以上のものを使う。なければソーセージやサラミで代用可。
  • ※3:なければ牛脂でもよい。
  • ※4:打ち粉用の薄力粉なので、生地が麺棒や台にくっつかないようにする量が必要。

調理時間

作り方

  1. 強力粉、薄力粉、水、塩、砂糖、サラダ油をボウルに入れてこね、ドライイーストを混ぜて均一になるようにこね、ぬれた布巾をかぶせ、暖かいところに置いて1時間ほど発酵させる。
  2. ベーコンと玉ねぎを5~7mm角に切る。
  3. フライパンにラードを入れて中火にかけ、ベーコンと玉ねぎを入れて炒める。
  4. 玉ねぎが透き通ったら、火を止めて置いておく。
  5. オーブンを200℃で余熱開始。
  6. パン生地が膨らんだら、打ち粉をして、麺棒で20cm四方の正方形にのばす。
  7. 包丁やスケーパーで、縦3等分、横3等分、合計で9等分に切れ目を入れる。
  8. 9つそれぞれに、中央部分(具を乗せるところ)を指で軽く押して、軽くへこませる。
  9. 9つの生地に、具を均等に乗せる。
  10. 1つずつ、生地を2つ折りにしてたたむ(たたみ方は三角折りではない。上の辺を下の辺にくっつけ、正方形から横長の長方形にする折り方)。
  11. 手でころころ転がして、生地の左右と下を閉じる。
  12. 三日月形(クロワッサンの形)にして、卵黄を塗る。
  13. 200℃のオーブンで15~20分焼く。
  14. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • パン生地はホームベーカリーで発酵まで自動的に行うと楽です。
  • うちのホームベーカリーは、粉280gを基準にこねるので、1回で約450gのパン生地が出来ます。私はそこから300gを取って、このレシピのパン生地としています。

Tips about cuisine

  • 「スペチャピーラージニ」のラトビア語の綴りは「Speķa pīrādziņi」。
  • 「Speķa」(スペチャ)はベーコンの意味。
  • 「pīrāgs」(ピーラーグス)はロシア語のピログと同じ言葉でパイやパンなどの包み焼きの類を指す単数形。ピーラーグスが複数形になると「pīrāgi」(ピーラージ)、ピーラージが小さくなると「pīrādziņi」(ピーラージニ)。よってピーラージニは具入りミニパンの意味。
  • ラトビアでは、このパンを路上で売るおばさんもいました。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です