コーリーコランブ★南インドのチキンココナッツカレー

コーリーコランブ★南インドのチキンココナッツカレー

インドは広いよねっ! インドを1ヶ月旅したときは、北から南へ移動していったのですが、南インドに行くとココナッツミルクが主体のカレーによく出会います。帰国後日本で友達になったインド人夫婦は、日本語で、彼らの南インドの文化を教えてくれました。タミル語でコーリーコランブとは「Chicken gravy」・・・日本語にするとなんだろう「チキングレービー」でもいいと思うのだけど、「ちょっともったりしたチキンカレー」のような意味合いでしょうか。使いたい時になかなか手元にないカレーリーフを省き、ココナッツミルクをパウダー使用としたことで、自分でも気軽に作れるレシピになりました。
材料(4人分

鶏の胸肉・・・300g
ヨーグルト・・・大2
クミン(ホール)・・・小1/5
クローブ・・・2つ
シナモン・・・1×3cmくらい
サラダ油・・・大2
玉ねぎ・・・大1個
青唐辛子・・・2本
トマト・・・中1個
にんにく・・・中国産サイズで3かけ
生姜・・・にんにくの半分くらい
ターメリックパウダー・・・小1/3
チリパウダー(唐辛子の粉のこと)・・・小1/5
・・・小1/2
ココナッツミルクパウダー・・・大3
コリアンダーの葉・・・好きな量(仕上げ用)
調理時間:
作り方:

  1. 鶏肉を小さめサイズにカットし、ヨーグルトに漬ける(これは事前にやっておいてもよい)。
  2. 玉ねぎをみじん切りにする。
  3. トマトはカットしておく。切った時の汁も無駄にしないように。
  4. にんにくと生姜をすりおろしておく。
  5. 仕上げのコリアンダーの葉を刻んでおく。
  6. 小鍋にサラダ油を入れ、クミン、クローブ、シナモンを入れ、低温からゆっくり加熱する。パチパチと音がしはじめ、クミンの色が変わってきたら、玉ねぎのみじん切りと青唐辛子(切らずにまるごと)を入れ、玉ねぎの色が変わるまで炒める。
  7. にんにくと生姜のすりおろし、トマト、ターメリックパウダー、鶏肉と漬けたヨーグルト、チリパウダー、塩を入れて炒める。
  8. ココナッツミルクパウダーと水1カップを加えて全体を混ぜて煮る。※ココナッツミルクを使う場合は水分があるので水は入れない。
  9. 味見をして、塩やスパイス、ココナッツミルクなどで味を調える。
  10. コリアンダーの葉を散らしてできあがり。
  11. Enjoy!
こつは:
・カレーリーフ(生か冷凍)がある場合は、クミンと同じタイミングで加える。
・コリアンダーの葉は茎が混ざっていても構わない。
・青唐辛子は、唐辛子を作っている人に頼んで青いうちに摘ませてもらって冷凍庫に入れておくとよい。
・青唐辛子はししとうで代用可能。
・ごはんにかけて、手で食べるものだから、手でつかめるくらい冷ましてから食卓に出す。
・あれば、インドのギー(油)をかけて食べると風味が最高です!

Tips about cuisine

・タミル語でコーリーは鶏肉。
・タミル語のコランブは英語のgravy。とろっとした煮込み、みたいな意味。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

One thought on “コーリーコランブ★南インドのチキンココナッツカレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です