八宝汤(バーバオタン)

八宝汤(バーバオタン)

中国の言葉で「八宝」とは、8つとか8種類という数字限定の言葉ではなく、「たくさん」というニュアンスのようです。冷蔵庫に何やらたくさんの種類の素材が集まっているとき、よくこういう「ごった煮」を、片栗粉のとろみを利かせて作ります。かつおだしではなく、牛肉だしか鶏だしを使うと、ちょっと中国の「八宝」を感じる風味になります。でもなぜだろう。何故か「八宝汁を作ろう」と思うと、素材を几帳面に8種類にしたくなっちゃうから不思議(笑)。もし肉類を入れずに野菜だけで作る場合は、八宝素汤(バーバオスータン)になります。
材料(2人分

片栗粉・・・大1
野菜、肉、魚・・・好きな量(8種類にすると楽しい)
・・・500mL
ダシダか鶏ガラスープの素・・・大1/2
・・・大2
醤油・・・大1
調理時間:
作り方:

  1. 片栗粉に同量の水を入れて混ぜ、水溶き片栗粉を作っておく。
  2. 具を一口サイズに切っておく。
  3. 鍋に、水、ダシダか鶏ガラスープの素、酒、醤油を入れ、火の通りにくいもの(大根、にんじんなど)を入れて火にかける。
  4. 沸いてきたら、味見をし、塩加減などを調える。
  5. 他の具を入れて、フタをして、弱火で煮るか鍋帽子にかける。
  6. 30分以上経って全体がくたっとしてきたら、水溶き片栗粉を入れて混ぜてとろみをつける。
  7. Enjoy!
こつは:
・野菜類で入れるものは、白菜、小松菜、ねぎ、カブ、ごぼう、大根、にんじん、きのこ、冬瓜などがあります。
・肉や魚介類で入れるものは、豚肉、鶏肉、カジキマグロ、煮干しなどがあります。
・その他、豆腐、油揚げ、厚揚げなども合います。

Tips about cuisine

・八宝汤(バーバオタン)のピンインは「Bābǎotāng」。
・「八宝」(バーバオ)はいろいろなものが入るときに使う言葉。必ずしも8つを意味するものではない。
・「汤」(タン)は汁物の意味。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です