シュガータルティーヌ

シュガータルティーヌ

シュガータルティーヌ

世界旅で各地で地元の人々とコーヒー交わし、今も1日1杯のコーヒーを欠かさず、弟が食品会社コーヒー部門勤務。朝の淹れたてコーヒータイムがあると1日が元気です。「コーヒーと朝カフェ」となると、イメージナンバーワンは、ニューカレドニアです。南の島の暑い気候でフランス人が朝から楽しむカフェといえば、首都ヌメアのあのマルシェ。そこで見たシンプル極上のタルティーヌが好きで、実は何度も家で作っているのです。
材料(1人分):

フランスパン・・・食べる量
溶かしバターかマーガリン・・・あれば少し
砂糖・・・適量。パンにふりかける。
調理時間:
作り方:

  1. フランスパンを細長く切り、1つの面にバターかマーガリンを塗り、トースターで焼く。
  2. 焼いている間に、目玉焼きやサラダ、フルーツなど好きなものを用意(なくてもいい)。
  3. うっすらキツネ色に焼けたフランスパンと一緒にサーヴする。
  4. Enjoy!
こつは:
・ホームベーカリーでフランスパンを焼けば、焼き立てでタルティーヌが作れるので、本当に美味しさ満点。
・タルティーヌにうっすら雪が積もるように白が見えるときれいなので、今回はヨーグルト添付の顆粒シュガーを使った。
・フランス領ニューカレドニアの首都ヌメアのマルシェ(朝市)では、砂糖もかけず砂糖も塗らず、タルティーヌとカフェオレを楽しむ人もいました。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

One thought on “シュガータルティーヌ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です