韭菜炒猪肝(ジウツァイチャオチューカン)

韭菜炒猪肝(ジウツァイチャオチューカン)、中国料理、レバニラ。

韭菜炒猪肝(ジウツァイチャオチューカン)

レバーは安くて美味しくて家族と私の大好物で、おかげでレバー料理も百戦錬磨です。これは中国人の作り方を大いに取り入れた、本格的に本当に旨いレバニラレシピです。今回ベランダに生えていたニラを使ったのであまり量がありませんが、もちろんどっさり入れて構いません。
材料(2人分):

豚レバー・・・200gくらい
・・・小1/2
醤油・・・大1
味の素・・・好みでひとふり
片栗粉・・・大1
もやし・・・1袋
・・・ひとつまみ
にんにく・・・中国産サイズで5、6かけ
・・・大2
ニラ・・・好きな量
唐辛子・・・1本
調理時間:
作り方:

  1. 豚レバーは7mm厚さにスライスし、塩、醤油、好みで味の素で和えて数分間マリネする。
  2. 片栗粉大1と水大1を混ぜておく。
  3. もやしを洗い、耐熱容器に入れ、塩をひとつまみまわしかけて、フタしてレンジで2分。「火が通ったしゃきしゃきもやし」にしておく。
  4. にんにくはやや薄切りにして、油大2でゆっくり中火にかけ、キツネ色になったら取り出して紙の上に置いておく。
  5. ニラをもやしの長さに切る。
  6. 唐辛子1本を半分に割って種を取り除いたものを、にんにくを取り出した後の油に入れる。
  7. 最強の火スタート!
  8. 豚レバーを入れる。切り口を焼くように敷き詰め、両面の表面だけを焼く。中まで火を通さないように素早く。
  9. レンジしゃきしゃきもやしとニラを加えて、素早く全体を混ぜる。
  10. 水溶き片栗粉を全体にふりかけるように入れて、素早く全体を混ぜる。
  11. 大皿にざっと盛り付けて、にんにくチップを上に散らして、さあ早くテーブルへ!
  12. Enjoy!
こつは:
・最大のコツはレバーの焼き加減です。中身がとろんとしながら、火が通っている状態に。

・中身をとろんとした状態にするために、レバーは新鮮なものを買い求めます。
・レバーは味濃く、もやしは薄い塩味、ニラは味なし。これを混ぜるから美味しい。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童さん、生徒さん、学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

One thought on “韭菜炒猪肝(ジウツァイチャオチューカン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です