ソスプワノワ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:こしょう、ガーリック、クローブ、タイム、ベイリーフ
こしょうガーリッククローブタイムベイリーフ

  • ハイチ料理

  • 現地表記

    :Sos pwa nwa(ハイチ語)

  • 概要

    :黒豆のピューレ

ソスプワノワ

カリブ海初の黒人独立国であるハイチの国民食です。中米やキューバなどのスペイン語圏ならフリホーレスと呼ばれる料理と同じです・・・が!! ハイチのソスプワノワは、めちゃくちゃ美味しい~!! 何故かというとシネンセ種のフルーティーな香りをもつ唐辛子を使っていて、ハーブ使いも香辛料使いも控えめながらも素晴らしく上手。そしてこの写真のような豆のなめらかさは、「赤福の外側が一層なめらかになった」という比喩が似合うほど、超絶に絶品。日本では豆が嫌いという人も、ハイチに行って好きになったという事例多し。この黒豆ピューレは、ごはんにかけていただきます。

材料

6~8人分):

黒の小粒豆(※1)
200 mL
重曹
少々
600 mL
サラダ油
小1
にんにく
1かけ
パセリ
小さい1枝
セロリの葉
少々
緑ピーマン
1/2個
小ねぎ
数本
バター
小1
小1.5
こしょう
少々
ガーリックパウダー
小2/3
ベイリーフ
1枚
クローブ
2粒
オレンジ(※2)
1かけ(※2)
唐辛子(※3)
1本
  • ※1:黒の小粒豆はブラジル料理フェイジョアーダの材料の「フェイジョンプレット」などの名前で売られています。
  • ※2:オレンジは現地のエピスという配合調味料の材料の1つで、エピスの代用です。大さじ1杯分くらいの体積(皮と身)があればよいです。レモンを使ってもよいです。
  • ※3:唐辛子は、あればシネンセ種の唐辛子を入れてください。香りがぐんとよくなり、現地の風味に近づきます。
  • やっと会えた。アフリカのあのすごい香りの「ピマン」栽培成功!

調理時間

:1 時間 30 分(豆を水で戻す時間を除く)

作り方

  1. <前日>黒い豆を軽く洗い、およそ3倍量の水(分量外)に浸し、重曹を少々と錆びた釘(あれば)を1本入れ、一晩水に浸けておく。
  2. <当日>ザルですくって豆だけを取り出して鍋に入れ、水、サラダ油、にんにく、錆びた釘(あれば)、重曹をごく少々を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にしてフタをして60分ゆでる。
  3. その間にピーマンのヘタと種を取り、ほかの調味料の計量をしておく。
  4. 豆が指で潰せるくらいに柔らかくなったら(なっていなかったら追加でゆでる)、釘を取り出す。
  5. 粗熱が取れたら豆と煮汁をミキサーに入れ、しっかりとミキサーをまわし、豆をなめらかなピューレにする。
  6. ピューレ状の豆を鍋に戻し、パセリ、セロリの葉、緑ピーマン、小ねぎ、バター、塩の半量(小さじ1弱)、こしょう、ガーリックパウダー、ベイリーフ、クローブ、オレンジ、唐辛子を入れて弱火にかけ、ヘラで鍋底から混ぜながら加熱する。
  7. 途中で何度か味見をし、唐辛子の辛さがかすかに出てきた頃に取り出し、好みの塩加減になるように残りの塩を適量加える。
  8. ピューレが熱くなったらザルなどで濾し、固形物をすべて除去して出来上がり。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 重曹を少々加えることで豆が柔らかく煮えるようになります。
  • 錆びた釘は現地のレシピにはないのですが、日本の水だと地域によっては黒い色が抜けてきれいに仕上がらないので、色止めの目的で加えるとよいです。
  • 豆を煮る工程は圧力鍋を使うと時間短縮できます。
  • ミキサーをまわすとき、熱いとミキサーから中身が膨れ上がって飛び出やすくて危険なので、ある程度粗熱を取ってからミキサーがけすると安全です。
  • 唐辛子は切らずにまるごと加えます。それでも徐々に辛味が出てくるので、あまり辛くならないうちに取り出します。

Tips about cuisine

  • 「ソスプワノワ」のハイチ語(ハイチの公用語)の綴りは「Sos pwa nwa」。
  • 「Sos」(ソス)はフランス語の「Sauce」(ソース)に由来する言葉だが、アフリカ系黒人はソースを「白飯にぶっかけるもの」のような意味合いで用いる。「Pwa」(プワ)はフランス語の「Pois」(ポワ)に由来する言葉で豆を意味する。「Nwa」(ノワ、ヌワ)はフランス語の「Noir」(ノワール)に由来する言葉で黒を意味する。よって「Sos pwa nwa」(ソスプワノワ)は「黒豆のピューレ」のような意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。