肉骨茶(バクテー)

  • :シンガポール料理

  • 現地表記

    :肉骨茶(中国語)

  • 概要

    :スペアリブと野菜と薬膳香辛料の鍋

肉骨茶(バクテー)

タイ南部からつながるマレー半島はマレーシアの国土の主要部分であり、マレー半島は直近に位置するインドネシアのスマトラ島と幅の狭い海を隔てています。これが欧州とアジアの重要貿易航路であるマラッカ海峡です。そこには1000年も昔から交易に長ける中国人が福建省のあたりから多数移り住みました。マレー半島の海峡の土地に住む中国系民族は中国本土の中国人と区別する名称として「海峡中国人」(ストレートチャイニーズ)と呼ばれてきました。マレー半島のマラッカ、ペナン、シンガポール(マレーシア建国後に同盟の国家として分離独立)には「海峡中国人」が多く、港で働く人のための朝食として、食堂では肉つきの骨をドンと入れた大鍋料理を作られ、これがマレーシアやシンガポールの国民食である「肉骨茶」(バクテー)です。漢方薬のような香辛料を幾つか使うので異国の味がしますが、日本でも手に入りやすい香辛料で見事にその味と風味が再現できます。醤油が薄くてこしょうが利くとシンガポール風、老抽(ダークソイソース)で黒く作るのがマレーシア風。このレシピではシンガポール風の「肉骨茶」(バクテー)を紹介します。大鍋で作ってめいめいに取り分ける、できればそれを朝食として食べる、海峡中国人が培ってきたこんな食卓を取り入れてみませんか。

材料

6人分):
<肉骨茶>

1.5L
豚スペアリブ
400g
中華スープの素(※1)
小1
シナモン(※2)
1本
八角
1個
クローブホール
3粒
カルダモンホール
3粒
陳皮(※3)
1枚
にんにく
1玉(※4)
干ししいたけ
1枚
高麗人参(※5)
1本
こしょう
小1/2
大1/2
老抽(※6)
大1/2
こしょう
小1
コリアンダーの葉(※7)
好きな量(※8)

<タレと薬味>

生唐辛子(※9)
1本
醤油
大3
にんにく
1かけ
  • ※1:こぶしくらいの大きさの豚骨が入手できれば不要です。今回は「創味シャンタン粉末タイプ」を使用しています。鶏がらスープの素で代用してもよいです。
  • ※2:シナモンは1cm幅×5cmくらいを目安に。
  • ※3:陳皮はみかんの皮を干した生薬です。事前にみかんの皮を干しておくと良いです。ない場合はレモンやはっさくなどの柑橘の皮を少々使って代用できます。
  • ※4:にんにくは1玉まるごと使うので、1かけ1かけをばらさないように。
  • ※5:高麗人参があれば薬膳スープとしての肉骨茶(バクテー)の価値がぐんとあがります。韓国料理食材店で売っていることが多いです。なければ省いてよいです。
  • ※6:老抽(ラオチョウ)はダークソイソースとも呼ばれる中華料理の材料で、色が濃いのに塩分がさほど濃くないタイプの醤油です。中華食材店で売っていることが多いです。ない場合は日本の醤油で代用し、塩の量を減らし気味にするとよいです。
  • ※7:コリアンダーの葉はパクチーとも呼ばれるものです。
  • ※8:コリアンダーの葉は販売単位がまちまちなので、何束という指定ができないのですが、1人あたり小鉢に1杯くらいあるとよいです。
  • ※9:生唐辛子がなければ乾燥タカノツメで代用します。

調理時間

(冷却に要する時間を除く)

作り方

  1. 鍋に水、豚スペアリブ、中華スープの素を入れて強火にかけ、沸騰しそうになったら弱火にして20分ほど煮る。
  2. 火から下ろして冷ます。冬ならそのまま、夏なら冷蔵庫に入れるか氷水に鍋ごと漬けるかして冷やし、豚肉から出た脂を白く固まらせ、固まった油を菜箸などですくい取る。
  3. シナモン、八角、クローブホール、カルダモンホール、陳皮、にんにく、干ししいたけ、高麗人参、こしょう、塩、老抽を入れて強火にかけ、沸騰しそうになったら弱火にして2時間ほど煮る。アクは随時取る。
  4. 火から下ろして冷まし、2つ上の行程と同様にして豚肉から出た脂を除去する。
  5. 味見をして、塩加減、旨味加減、好みの香辛料の香り具合などを調えておく。
  6. 白菜を一口サイズに、油揚げを短冊に切り、えのきのいしづきを取って1束を幾つかに割っておく。
  7. 再度鍋を加熱し、こしょうを入れて中火にかけ、沸騰しそうになったら火を弱めて10分ほど煮る。
  8. 唐辛子を小口切りにして醤油に漬けてタレを作る。にんにくをみじん切りにして薬味にする。
  9. コリアンダーの葉をざく切りにする。
  10. 鍋を卓上に出し、取り分け、コリアンダーの葉を入れ、タレを小皿に入れ、にんにくを卓上に置いて出来上がり。
  11. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 沸騰させてそのまま強火で煮込むと煮汁が濁ってしまうので、沸騰しそうになったタイミングで火力を落とし、弱火で煮ます。
  • 華人(現地に住む中国系の住民)のように白いごはんを添え、また、福建省由来の文化としてお茶を卓上に出すとよいです。
  • 現地では油條(ヨウティアオ)という揚げパンを添えて食べる人もいます。

Tips about cuisine

  • 「肉骨茶」(バクテー)は、シンガポール華僑の代表的な出身地である中国福建省の言葉である。
  • 「肉骨茶」(バクテー)をマレー語(シンガポール語の公用語)アルファベットで表記する「Bah Kut Teh」になる。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です