テンジャンチゲ

テンジャンチゲ、韓国料理、北朝鮮料理、味噌仕立ての鍋

テンジャンチゲ

韓国や北朝鮮の家庭料理の代表的なものに、テンジャンチゲがあります。日本の味噌汁と共通する料理ですが、にんにくやコチュジャンが入るなど、やはり、ご当地ならではの風味があって、美味しいものです。具は好きなものを入れてよいのですが、コッケ(ワタリガニ)が入ったテンジャンチゲが美味しくて、今回はそれで作りました。
材料(2~3人分):

・・・600mL
昆布・・・5cm角を1枚
煮干し・・・3匹くらい
干しエビ・・・大1
じゃがいも・・・小4個
乾燥しいたけスライス・・・数枚
豆腐・・・1/2丁
青唐辛子・・・あれば1本
赤唐辛子・・・あれば1本
長ねぎの白い部分・・・20cmくらい
玉ねぎ・・・1/2個
ワタリガニ・・・小さいの1匹
にんにく・・・中国産サイズで1片
コチュジャン・・・小1
味噌・・・好みの量(大4くらい)
・・・大1
ほうれんそうなどの青菜・・・好きな量
調理時間:
作り方:

  1. 鍋に水、昆布、煮干し、干しエビを入れて火にかけ、数分沸騰させる。
  2. ほうれんそうを下ゆでしておく。
  3. じゃがいもの皮をむいて食べやすい大きさに切る。
  4. 唐辛子(青、赤)は5mm幅の輪切りにする。
  5. 豆腐は1cm幅のスライスにする。
  6. ネギは小口切りにする。
  7. ワタリガニは適当にブツ切りにする。
  8. ほうれんそう以外のすべての材料を鍋に入れ、いったん沸騰したら、火を弱くする。
  9. 味見をして、味噌やコチュジャンの加減を好みの味に調える。
  10. ワタリガニの美味しさが出てきた頃に、仕上げにゆでたほうれんそうを入れる。
  11. Enjoy!
こつは:
・ダシが出終わった昆布、煮干し、干しエビを取り除くレシピもありますが、私は入れたままにして、具として食べます。
・味噌以外の具に決まりはないので、好みのものを入れていただけます。

Tips about cuisine

・テンジャンチゲのハングル文字での綴りは「된장찌개」。
・テンジャン(된장)は、味噌の意味。
・チゲ(찌개)は、汁物や鍋物の意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です