キャロットサンバル

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:あらびき唐辛子
チリペパー

  • 南アフリカ共和国料理

  • 現地表記

    :Carrot sambal(英語)

  • 概要

    :にんじんの甘酢唐辛子漬け

キャロットサンバル

サンバルとは世界のいろいろな国の料理に登場します。辛いソースだったり、薬味だったり、またはこのようなサラダだったり。その共通点は「味を変えるもの」とか「ちょっとした辛味づけ」といったところでしょうか。南アフリカ共和国でバニーチャウというカレー料理を知ったとき、同時に、このカレー料理にはにんじんのサンバルがつくことも知りました。このキャロットサンバルを作ってみたら、カレーのお供のみならず、普段のおかずにもとても良くて、気に入りました。作りやすく、美味しく、日持ちして、お皿に乗せると彩がよく、もちろんにんじんの栄養も得られるので嬉しいですね。唐辛子はただ辛くするためのものではなく、旨味をもたらす材料なので、辛いのが苦手でも、ほんの少しでも入れてみてほしいなと思います。

材料

作りやすい量):

にんじん
2本(※1)
大2
砂糖
小1
砕いた唐辛子(※2)
小1/2~小1
サラダ油
小1/2
  • ※1:にんじん2本は約300 gを想定しています。
  • ※2:砕いた唐辛子は、キムチ作り用のものや、スパイスコーナーで「あらびき唐辛子」のように売られているものを使います。

調理時間

:10 分

作り方

  1. にんじんの皮をむき、しりしり器のようなもの(なければ包丁)で細切りにする。
  2. すべての材料を混ぜて出来上がり。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • サラダ油を加えないレシピもありますが、にんじんの栄養素は油分と一緒に摂取すると良いのと、サラダ油を少々でも加えたほうが良い状態で日持ちするので加えています。
  • しりしり器があると、粗い表面の千切りができるので調味料が良く絡みます。ない場合は包丁で千切りにします。
  • 材料を混ぜたあと、すぐ食べてもにんじんがフレッシュで美味しいですし、しばらく置けば味がなじんで美味しいです。
  • 野菜各種の中でもにんじんは農薬の使用などにより味が大きく変わる野菜類だと思います。無農薬栽培のにんじんなど良いものを使うと、この料理は格段に美味しくなります。

Tips about cuisine

  • 「キャロットサンバル」の英語(南アフリカ共和国の公用語)の綴りは「Carrot sambal」。
  • 「Carrot」(キャロット)はにんじん、「Sambal」(サンバル)は辛いものや薬味や付け合わせサラダ類の意味。よって「Carrot sambal」(キャロットサンバル)は「にんじんの付け合わせ薬味」のような意味になる。
  • 南アフリカ共和国料理のバニーチャウの付け合わせの定番である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。