Azusa のすべての投稿

Azusa について

「国際交流」に、憧れる、あづさです。本名です。いろんな国の人と互いの国のことを話せたら、どんなに楽しいだろうと、そう思うだけで、とってもわくわくしてきます。家の中にも、いろんな国の良いところがあったら、楽しいと思いませんか。今や -特に料理を通じて- 世界を知ることは、私のライフワークです。

モルディブ料理

+++新着+++


【基礎情報】

国名:モルディブ共和国Republic of Maldives、首都:マレ、ISO3166-1国コード:MV/MDV、独立国(1965年英国より)、公用語:ディベヒ語、通貨:ルフィヤ

▲目次に戻る


【地図】

モルディブはおよそ1200の小島で構成される国です。北にインドスリランカがあります。

▲目次に戻る


◆魚とココナッツ主体の素朴な伝統料理と、イスラム食習慣と、モダンな料理の融合。

モルディブは、海とビーチがとびきり美しく、インド洋にちりばめられた至宝として賞賛されています。100近いリゾートホテルは「1島1ホテル」の形式で存在し、滞在中は全てその島で過ごすオールインクルーシブステイです。リゾートの島には村や町がなく、モルディブ人の日常的な暮らしや料理を見ることができず、またリゾートのレストランがモルディブ料理を提供しても、それはインターナショナルな調理によるモダンでファンタスティックな、本来のモルディブ料理の質素さを欠くものでしょう。あなたがモルディブでどのような食の経験を積むかは、あなたがどこに滞在するかにかかっています。英語ガイドブックにも書かれています。「モルディブ料理を食べたいならリゾート島を出よ」と。

モルディブ料理
国民食のガルディヤトゥナ(マグロまたはカツオ)が美味しいスープ。(撮影地マレ)

世界にこんな「面白い国」かつ「変わった国」があるなんて思ってもみなかった。南の島のリゾートのイメージとは、ニューカレドニア、フィジー、セブ、グアムなどでしょうか。そういった南のリゾート島国はキリスト教が主宗教となる国ばかり。でもモルディブは国民は基本的に全員ムスリムです。女性は外では肌を出してはならないムスリムの習慣とビキニ女性が似合う白砂のビーチリゾートはミスマッチな気がしますが、モルディブでは住民がいる島はビキニ禁止、アルコール禁止など、外国人を泊めるためのリゾート島とは明確に分けています。

かつて、もともと無人島だったモルディブに、インドやスリランカ方面から人が移住してきました。そして中世期にイスラム教が伝わり、モルディブはイスラム教国家になります。

地元で採れる作物は、カーシ(ココナッツ、※)、バンブケヨ(パンノキの実)、カシケヨ(パンダナスの実)、果物。獲れる生き物は主にマス(魚)。モルディブ料理は本来非常に質素だということが見てとれます。ただし、地理上インドとスリランカの目と鼻の先ということもあり、モルディブ料理を食べた人なら誰もがインドやスリランカの料理に似ていると思うことでしょう。米や小麦を主食とし、香辛料を多く使うから料理はスパイシーで、唐辛子を使う料理はホットです。

※ココナッツは生育段階によって名前が変わる。

1972年、首都マレを擁する環礁でモルディブ最初のリゾートが操業を開始しました。以降は外国人観光客が絶えずやってきて、モルディブは変容し、わずかな期間で今のような裕福な国になりました。今や首都マレは世界最大の人口密度都市で、街並みや飲食店はモダンに変化しています。モルディブ人裕福層が多くなったため、経営者がモルディブ人で就労者が出稼ぎ外国人という図式も普通で、地元民でにぎわうホタ(食堂)に行っても調理人はバングラデシュ人といったことも多々。

それでも嬉しいことにモルディブではホタでも家庭でも伝統料理をたくさん残しています。国民食はガルディヤ(魚スープ)、マスフニ(魚ココナッツそぼろ)、マスリハ(魚カレー)、マスロシ(魚入りパン)、マスバイ(魚入りごはん)など。リハクル(魚の煮汁を煮詰めたもの)のように他の国ではみかけない料理もあります。イスラム教に基づき豚肉とお酒は忌避される一方で鶏肉は人気の食材で、ククルリハ(チキンカレー)はホタでも家庭でもよく作られる料理です。

モルディブは面白いです。どこをとっても一風変わっている。だからマレ(あるいはモルディブ人が住む他の島)でいろいろなものを見て食べると楽しいです。まさに冒頭に記したように「あなたがモルディブでどのような食の経験を積むかは、あなたがどこに滞在するかにかかっている」のです。私たち日本人も魚をよく食べる民族ですが、日本にいては思い付きもしないような魚料理がいっぱいあって、モルディブのローカルフードは楽しいですよ。
▲目次に戻る

料理名一覧 Food & Drink Glossary

【主食】
  • マスバイ・・・魚入りごはん
  • マスロシ・・・魚入りパン
【肉のおかず】
  • ククルリハ・・・チキンカレー
【魚のおかず】
  • ガルディヤ・・・トゥナの澄んだスープ
  • トゥナ・・・マグロまたはカツオ
  • マス・・・魚
    • マスフニ・・・魚ココナッツそぼろ
    • マスリハ・・・魚カレー
【植物性の食材】
  • カーシ・・・ココナッツ
  • カシケヨ・・・パンダナスの実
  • バンブケヨ・・・パンノキの実
【調味料】
  • リハクル・・・魚の煮汁を煮詰めたもの

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。