土に還る素材を使って1

しゅろ縄

居心地の良い菜園を作りたいから、土に還る素材を使って、野菜を育てています。

支柱は竹や笹を使います。
支柱を組み立てるひもは、シュロ縄です。

竹垣を作るのに使われる素材で、頑丈で丈夫ですし、なんか見た目もかっこいい。

ビニールひも(荷造りひも)を使うとお値段はとても安くあがるのですが、ビニールですと切れ端や使い古しが土に永久に残ってしまうのが嫌で、こうして、何かあっても土に還る素材を使っています。野菜を支柱にくくるのにも、採れた野菜を吊るして保存するようなときにも、何かと便利に使っています。

何本あっても、ちょこちょこといっぱい使うんですよ。だから、2種類の長さのものを事前に作りためています。使いまわしても端からほどけたりしないよう、両端はしっかりと玉留めしているのです。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイト記事や写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です