卵の殻を砕いて菜園の土に蒔く。

卵の殻

卵料理をすると、卵の殻が余ります。
この用途は2つあって、
1つはそのままコンポストに入れて、コンポスト堆肥の養分にすること。
もう1つは、洗ってしばらく置いておき、乾いたらすりばちで粗く粉砕します。

卵の殻を菜園の土に振りかけると、なんだか見た目が可愛らしい。そして、ゆっくりと溶解してpHを整え、カルシウムを補給してくれ、やがてなくなっていきます。

卵の殻は、スローな気分の土づくりにもってこいなのです。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイト記事や写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です