パクシャパー

  • ブータン料理

  • 現地表記

    :Phaksha Paa(ゾンカ語綴り不明により暫定表記)

  • 概要

    :豚肉と大根の唐辛子煮込み

パクシャパー

唐辛子を料理に多用するブータンは、チベット文化圏にある高地の国。首都ティンプーでさえ標高2400mで、冬の寒さは厳しく、唐辛子は体を温めるにも役立ちます。パクシャパーは豚肉と大根と唐辛子で作る料理なので、日本でも材料の入手が簡単で、最も作りやすいブータン料理の筆頭と言えるかもしれません。ブータンではお米をよく食べるので、この料理も是非ごはんに合わせて食べてみてください。唐辛子の量は加減できるものの、辛いのが苦手でなければ、しっかりと入れて作ってみてください。「豚肉の旨さを吸った大根が旨い」とは食べた人の感想です。
※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。

材料

3人分):

豚薄切り肉
200g
玉ねぎ
1/4個
大根
300g
サラダ油
大2
チューブのにんにく(※1)
小1
チューブの生姜(※1)
小1
砕き唐辛子(※2)
大2
トマトピューレ
大1
適量(※3)
小1/3
  • ※1:今回は「おろし生生姜」と「おろし生にんにく」という名称のチューブ商品を使用しています。チューブ調味料がない場合は、同量の生にんにくと生姜を使います。
  • ※2:キムチ唐辛子として売られているような、韓国産や中国産のものが辛すぎなくてよいです。
  • ※3:水の量は、具の2/3ほどが浸る量で、炒めるフライパンや鍋の形により変わります。250mLくらいを想定しています。

調理時間

作り方

  1. 豚薄切り肉を広げながら4cm長さに切り、玉ねぎをみじん切りにする。
  2. 大根の皮をむき、細い部分は4mm輪切り、太い部分は縦に十字に1/4に切ってから4mm幅のいちょう切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、にんにく、生姜、玉ねぎ、唐辛子を入れて、香りが出るまで炒める。
  4. 豚肉、大根、トマトピューレを入れて軽く全体を混ぜるように炒め、具の2/3ほどが浸かる量の水を入れる。
  5. 塩を入れて全体を混ぜて強火にし、フタをして5分ほど煮て、フタを外して水分を飛ばしていく。
  6. ときどき全体を返しながら、水分が減ってきたら、味見をして、塩加減や旨味加減や辛さ加減などを好みに調える。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 現地では標高が高いため圧力鍋を使って作ります。そのときふっくら蒸されるので、このレシピでもフタをして蒸し煮にしています。
  • フタをするときに吹きこぼれが心配なら、フタを少しずらすとよいです。
  • 唐辛子の量は、辛味が少ないものだとこのレシピで適量だと思いますが、日本の一味唐辛子やインドカレーを作るカイエンペパーパウダーなどを使うと辛くなりすぎると思うので、注意して加減します。
  • 味見のときに旨味が足りなく感じたら、鶏がらスープの素や味の素を加えて調整します。

Tips about cuisine

  • 「パクシャパー」のゾンカ語(ブータンの公用語)の綴りは現在調査中です。
  • 「パク」は豚、「シャ」は肉、「パー」は「長めに(でも大きくなく)スライスしたもの」の意味。よって「パクシャパー」は「豚薄切り肉」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。