アンショイヤード

  • :フランス料理

  • 現地表記

    :Anchoïade(フランス語)

  • 概要

    :生野菜用のアンチョビディップ

アンショイヤード

アンチョビはフランスの、特に地中海地方で食べられている小魚の発酵食品です。「アンショイヤード」は、アンチョビとオリーブオイルとニンニクの素晴らしい味わいで、季節の生野菜を召し上がっていただける、ディップソースです。

材料

2~4人分):

アンチョビ
潰して大2
にんにく
1かけ
好みの量(※1)
こしょう
好みで少々
オリーブオイル
好きな量(※2)
  • ※1:ある程度酸味があるほうが野菜が美味しくいただけるので、例えば大1あたりから入れてみてください。酢に色がつくていると出来上がりの色も濃くなりますので、色合いもお好みで使い分けると楽しいです。
  • ※2:オリーブオイルは比重が軽く浮くので、全体を混ぜてみて、アンチョビや酢が十分に隠れる量を使います。

調理時間

作り方

  1. アンチョビをミニボウルなどに入れ、フォークの背などでなめらかに潰す。
  2. にんにくをすりおろし、ボウルに入れる。
  3. 酢を入れ、こしょうを軽くふる。
  4. 全体がかぶる量のオリーブオイルを入れ、よく混ぜる。
  5. 味見をして、酢の加減や塩加減を調える。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 表面がオリーブオイルで覆われるように、足りなければオリーブオイルを追加します。
  • にんにくをすりおろした器具に酢を入れて、にんにくを洗いこむように酢を追加するとよいです。
  • 塩加減が足りないなと思ったときは、塩を入れてもよいですが、アンチョビを追加すると美味しいです。
  • 生では食べにくい野菜があればゆでたものを食卓に出します(写真のブロッコリーがそうです)。

Tips about cuisine

  • 「アンショイヤード」のフランス語の綴りは「Anchoïa」。
  • アンチョビのフランス語である「アンショワ」(Anchois)に由来する料理名である。
  • 「ï」は「i」のトレマである。フランス語の「i」はイと読まないことが多いため、これを「イ」と読ませたいときに「ï」を用いる。
  • 「ïa」は「ヤ」の発音に近くなり、「de」は「ドゥ」の音に近く、日本語の音では「ド」が最も近いため、日本語カタカナ表記では「アンショイヤード」としました。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です