ナポリタン

  • :日本の料理

  • 現地表記

    :ナポリタン(日本語カタカナ表記)

  • 概要

    :ケチャップで和えて作るスパゲティー

ナポリタン

イタリアのナポリで作られているのは、トマトとバジルの香り高いソースを使うスパゲティーですが、日本でナポリの名を冠して広まったのは、米国発祥のケチャップを使う、新発想のスパゲティーでした。でもこれは小さい頃から食べてきた日本の味。日本人が大好きなスパゲティーです。

材料

2人分):

ベーコン(※1)
3枚
玉ねぎ
1/2個
ピーマン
3個
オリーブ油(※2)
大1~2
スパゲティー
200g
トマトケチャップ
大8(※3)
パルメザンチーズ
仕上げにふる量
  • ※1:ウインナーの細切りでもよい
  • ※2:サラダ油でもよい
  • ※3:大8=120gで換算して、容器重量から引き算して入れると便利

調理時間

作り方

  1. スパゲティーをゆでる湯を沸かし始め、塩(分量外)を入れておく。
  2. ピーマンの飾りつけ用に、輪切りを数枚作り、取っておく。
  3. ベーコンは1cm幅、玉ねぎは薄切り、ピーマンは縦に細切りにする。
  4. フライパンにオリーブ油を入れて具を炒める。
  5. 具が概ね炒め終わったら、スパゲティーをゆで始める。
  6. 具が炒め終わったらフライパンにトマトケチャップを入れ、ゆで汁を少し足して延ばしてソースを作る。
  7. スパゲティーがゆで終わったら、軽くゆで汁を切ってフライパンに入れ、弱火で加熱しながらソースを絡める。
  8. ソースが絡まり、汁気がなくなったら、味見をし、塩加減やケチャップ加減を調える。
  9. 器に盛り、スライスピーマンを乗せ、パルメザンチーズをふってできあがり。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • スパゲティーのゆで時間はパッケージを参照。
  • スパゲティーがゆで終わってからケチャップを絡めるよりも、少しゆで汁を加えてゆるいソースを作っておくほうが全体に均一に絡まります。
  • 具を炒めるときに鷹の爪を1本入れておくのも美味しいです。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童さん、生徒さん、学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です