ピミエントスコンフィタードス

スペイン料理、赤ピーマンのにんにくオイルマリネ

ピミエントスコンフィタードス

スペインを旅して、ちょっとしたお惣菜でよく見かけたのが、この赤ピーマンのにんにくオイルマリネです。ピーマンを焼いて皮をはぎ、甘くて美味しい一品になっています。一度にたくさん作るのですが、食べるのが早くて早くて、いつも冷蔵庫で長持ちしません(苦笑)。バル料理の定番でもありますよ。
材料(4人分):

赤ピーマン・・・小さいピーマンなら20個、大きなパプリカなら3個くらい。
にんにく・・・中国産サイズで2、3かけ
オリーブオイル・・・ピーマンが浸る量
調理時間:
作り方:

  1. 赤ピーマンやパプリカを2cmくらいに縦切りにする。
  2. オーブンや魚焼きグリルなどで、皮が黒くなるように焼く。
  3. 皮があちこち黒こげになったら、流水の下で皮を取り除く。
  4. キッチンペーパーの上などに置いて水気を除いておく。
  5. 小鍋に薄切りにしたにんにくとオリーブオイルを入れて加熱し、にんにくの香りを引き出しておく。
  6. 保存容器に赤ピーマンを入れ、にんにくオイルを上からかける。
  7. 食べるまで冷蔵庫に入れておく。
  8. Enjoy!
こつは:
・冷蔵庫で寝かせると美味しいです。
・何日ももつので、一度にたくさん作ると手間が省けます。

Tips about cuisine

・ピミエントスコンフィタードスのスペイン語の綴りは「Pimientos confitados」。
・ピミエントはピーマン(赤ピーマンのことも多い)、コンフィタードは「漬ける」という意味。よってピミエントスコンフィタードスは、ピーマンのオイル漬けなどを意味する料理名となる。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です