マッセルズインサイダー

マッセルズインサイダー、アイルランド料理、ニュージーランド料理、ムール貝のサイダー煮

マッセルズインサイダー

サイダーは、読み方を変えればシードルと呼ばれるような、リンゴを原料とした発泡酒です。英国やアイルランドの方面ではごく普通に売られている低アルコール飲料で、ムール貝をサイダーでさっと煮るこのレシピは、まさにそういう西欧諸国の味の1つではないかと思います。そして世界の元英領国家でも食べられているというワールドワイドな味です。シードルで作ると本物ですが、日本のサイダーで作ってみても面白いですね。これがまた意外と美味しいのです。西欧版の酒蒸しなので、日本の酒蒸しに厳格な分量がないのと同じ。分量は適当に作っていただけます。
材料(2人分):

ムール貝・・・15個くらい
バター又はマーガリン・・・大1/2~大1くらい
玉ねぎ・・・少々
にんにく・・・少々
こしょう・・・少々
シードル(又はサイダーと白ワインのブレンド)・・・2/3Cくらい
パセリなどの緑・・・散らす量
調理時間:
作り方:

  1. ムール貝は表面のコケっぽいのを落とすようによく洗い、貝殻の外にヒゲのような「足糸」があるので、ひっぱって取り除き、塩水(分量外)にしばらく漬けておく。
  2. 玉ねぎは繊維を断ち切るようにスライスし、にんにくはみじん切りにしておく。
  3. フタのできる小鍋にバター又はマーガリンを入れ、玉ねぎとにんにくを入れて中火で透き通ってくるまで炒め、こしょうを軽くふっておく。
  4. ムール貝を入れて強火にし、シードルを注いでフタをして、ゆすりながら一気に加熱する。
  5. ムール貝が開いたら、素早くソースの味見をし、塩加減などを調える。
  6. 器に盛り、刻みパセリなどを好みで散らして出来上がり。
  7. Enjoy!
こつは:
・西欧のサイダーはお酒ですが、日本のサイダーは炭酸ジュースなので、サイダーを使う場合は白ワインなどアルコール分を足すとよいですし、シードルを使えば本物です。
・アイルランドではこれとソーダブレッドを合わせて食べたりします。

Tips about cuisine

・マッセルズインサイダーの英語での綴りは「Mussels in cider」。
・サイダーはリンゴを原料とする発泡酒で、フランス語読みでシードルと呼ばれるものと同じである。
・マッセルはムッセルともカタカナ表記が可能。ムール貝のことです。
・日本のサイダーは炭酸ジュースですが、西欧のサイダーはお酒です。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です