ディルビネガー

ディルビネガー

ディルビネガー

ディルというハーブは葉が繊細で風味があって、東欧料理や中央アジア料理の定番のトッピングになります。茎が残るので、刻んで酢に漬けて、ディルビネガーとして使っています。東欧系の料理はこの酢を使って作るのがいい感じです。
材料:

ディルの茎・・・生じた分
酢(日本の酢でもよい)・・・ディルが漬かる量
調理時間:
作り方:

  1. ディルの茎を斜め薄切りにする。
  2. 容器にディルの茎を入れ、酢を注ぐ。
  3. Enjoy!
こつは:
・冷蔵庫に入れておいて、ディルの鮮やかな緑色が抜けた頃が使い時。
・ディルの断面積が大きく出るように、斜め薄切りにします。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

One thought on “ディルビネガー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です