カリガー

ベトナム料理、ココナッツミルクのチキンカレー

カリガー

ベトナムは南北に長い国で、地域によって料理の特色も異なります。このカリガーはサイゴン(ホーチミン)風、つまり、ベトナム南部風のチキンカレーです。はっきり言ってタイのイエローカレーと同じコンセプトの料理です。チャンパ王国というインドヒンズー教と関連する国があって、インドとの道があったからか? 東南アジア南岸が香辛料貿易の航路だったからか? それとも何か他の要因が? 何故東南アジアにはカレーが根付いているのか興味深くありませんか。料理を通じて歴史を会話し合うのも、素敵な時間です。
材料(4人分):

鶏肉・・・胸肉かもも肉1枚(約300g)
・・・小1/2
砂糖・・・小1/2
カレー粉(鶏肉用)・・・小1
ターメリックパウダー・・・小1/2
・・・大2
にんにく・・・中国産サイズで2、3かけ
生姜・・・見た目でにんにくと同量
レモングラス・・・あれば7、8cm
カレー粉(汁用)・・・大1
ナンプラー・・・大1
・・・600mL
人参、玉ねぎ、さといもなどの具・・・2人が食べる量。適当でよい。
ココナッツミルクパウダー・・・大4
コリアンダーの葉(パクチー、シャンツァイ、香菜)・・・あれば仕上げに散らす量
調理時間:
作り方:

  1. 鶏肉を食べやすくカットし、塩、砂糖、カレー粉、ターメリックパウダーをまぶしても見込んで、しばらく放置しておく。
  2. フライパンに油を入れ、にんにく、生姜、レモングラスのみじん切りを入れて炒め、更にカレー粉を入れて炒める。
  3. 鶏肉を入れ、炒める。
  4. ナンプラー、水、食べやすく小さめにカットした具を入れて混ぜ、フタをして、弱火でじっくり煮込む。
  5. 具が柔らかくなるくらいに火が通ったら、ココナッツミルクパウダーを入れて混ぜる。
  6. 味見をして、塩加減やナンプラーの味わい、ココナッツミルクやカレー粉の加減などを調える。
  7. Enjoy!
こつは:
・カレー粉がきつくならないように、マイルドカレーを目指して作ります。
・鶏肉のマリネは前日に行っておいても美味しいです。
・暑いベトナムではタロイモが採れ、カレーに入れます。タロイモによく似たサトイモを入れると雰囲気が増します。

Tips about cuisine

・カリガーのベトナム語の綴りは「Cà ri gà」。
・カリ(Cà ri)はカレー、ガー(Gà)は鶏肉。よってカリガーはチキンカレーの意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です