パーカルカイポリヤル

パーカルカイポリヤル、インド料理、ゴーヤのスパイシー炒め。

パーカルカイポリヤル

ポリヤルというのは、南インドのタミル語で言う炒め物のことです。日本に醤油炒めや味噌炒めがあれば、インドにはスパイス炒めあり。これはタミルナードゥ州出身で日本在住のインド人マダムに教えていただいたレシピです。日常的な料理なので作るのはとぉーっても簡単です。あ、そうそう。とっても簡単でとっても日常的なので、オイルやスパイスの量は非常に適当で構いません。塩加減だけ普通に味見で決まればよし。ゴーヤをキャベツやじゃがいも、にんじんに変えれば年中インドの香りを手軽に楽しめるオススメ料理です。
材料(2~4人分):

ゴーヤ・・・1本
サラダ油・・・大1
マスタードシード・・・小1/2
クミンシード・・・小1/2
フェヌグリークシード・・・あればひとつまみ
鷹の爪・・・1/2本(種は入れても入れなくてもよい)
にんにく・・・好みなら中国産サイズで1かけ
ターメリックパウダー・・・小1/4
チリパウダー・・・小1/4(好みの量でよい)
・・・小1/4(味見で決める)
調理時間:
作り方:

  1. ゴーヤを縦半分に切ってワタをかきだし、5mm厚さにスライスする。
  2. にんにくを入れる場合は粗くスライスしておく。
  3. フライパンの中央にサラダ油をたらし、マスタードシードとクミンシード、フェヌグリークシード、鷹の爪を油の中に落とし、中火にかける。
  4. シードがパチパチとはじけてきたら、要注意観察! 焦げる手前の、香ばしい時点でにんにくとゴーヤを入れ、全体を混ぜる。
  5. 中火で炒めながら、ターメリックパウダー、チリパウダー、塩を入れる。
  6. 味見をして塩加減や辛さ加減を完成させる。
  7. Enjoy!
こつは:
・インドではもっとくったりとするように蒸し煮にする作り方も多い。
・ゴーヤの種とわたをつけた状態でスライスして炒めても美味しい。
・かきだしたゴーヤの種とわたは、てんぷらにすると美味しいので捨てない。

Tips about cuisine

・パーカルカイポリヤルのタミル語(インド南部に多い言語の1つ)の綴りは「பாகற்காய் பொரியல்」。
・パーカルカイ(பாகற்காய்)はゴーヤの意味。
・ポリヤル(பொரியல்)は炒め物の意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です