砂漠のクスクス(アザワド料理)

砂漠のクスクス(アザワド料理)

私は、クスクスとは、砂漠の民の大事な食だと思っている。もちろん都市化したモロッコやアルジェリア北部、あるいは世界各国にあるモロッコ料理店では豪華な(といっても日本人にはぱっとしない程度の)クスクスも食べられる。けれども私は、トゥアレグの、砂漠の砂と星と月と共に生きる、砂漠の民としてのクスクスを最も尊重している。アザワドとは、2012年にマリ北部で独立を宣言したトゥアレグ族の地域を指す。マリはもともと実質的な統一ができていなかった。だから私は、アザワドの独立宣言を見守りたいと思った。その日私はトゥアレグ族の料理、「アザワド料理」として晩ごはんに砂漠のクスクスを作りました。サハラの砂漠の民のイメージです。質素です。たくさんのクスクスを、トマトも少ない骨付き羊肉の煮込み少々で食べるのです。ああでも素晴らしい。満天の星と月が見えるサハラの砂の上で、男たちがこのクスクスを食べるんだ。食後には甘いミントティーを飲むんだ。
材料

骨付き羊肉・・・好きな量(1人1かけでよい)
玉ねぎ・・・適当(羊肉の見た目半量程度など)
トマト・・・適当(少しでよい、なくてもよい)
・・・普段の調理の感覚よりも多め。例えば2人分で大さじ3以上。
・・・適量(味見で決める)
ダシダ(チキンコンソメでもOK)・・・好きな量
クスクス・・・食べたいなと思う体積の半分くらい(お茶碗1杯食べたいならお茶碗1/2杯)
調理時間:
作り方:

  1. 骨付き羊肉と玉ねぎとトマトを好みの量の油と塩とかぶるくらいの水と共に煮る。水が大部分飛んで、残り汁がソースのようになるのがよい。
  2. クスクスと同量の湯を沸かし、クスクスと油少々とお湯を入れてフタをして火を消して4分待つ。
  3. 羊肉煮込みの味見をする。旨味が足りないようならダシダ(韓国牛肉ダシ顆粒)やチキンコンソメを適宜足す。
  4. クスクスを皿に盛り、羊肉煮込みをかける。
  5. Enjoy!
こつは:
・骨付き羊肉は、私はハラルフードのネット通販で冷凍品を購入しました。冷凍庫にこれがあると何かと楽です。
・トマトや玉ねぎは多いほうが美味しいのですが、あえて少なめにして、砂漠の民の食を実感したいと思いました。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です