チリクラブ

チリクラブ、マレーシアやシンガポールの、カニのチリソース。

チリクラブ

マレー半島のマレーシアとシンガポールは、中国人が主要民族です。東南アジアの暑い気候と旨いカニが、中国人の手で大感激の美味しい料理になって私たちを楽しませてくれます。めちゃ旨ですよ。
材料(2人分):

カニぶつ切り・・・300~400gくらい
・・・大3
にんにく・・・5かけくらい(青森産なら2、3かけ)
生姜・・・にんにくと見た目同量
長ねぎ・・・10cmくらい
レモングラス・・・あれば3cm分
片栗粉・・・大1
・・・1個
砕き唐辛子・・・小1~大1
味の素・・・少々
・・・400mL
・・・小1
鶏がらスープの素・・・小1/2
砂糖・・・大1~大1強
ケチャップ・・・大2
ナンプラー・・・小1
・・・小1
トマトピューレ・・・大2
コリアンダーの葉・・・好きなだけ
合計時間:
作り方:

  1. フライパンに油を敷いて、カニを乗せて両面焼く。水分がはねるので紙をかぶせてもよい。
  2. カニ加熱の間ににんにく、生姜、レモングラス、長ねぎをみじん切りにする【A】。
  3. カニ加熱の間に水溶き片栗粉を作る(片栗粉大1を同量の水と混ぜておく)
  4. カニ加熱の間に卵をといておく。
  5. カニにだいたい火が通ったら、カニを片方に寄せて、みじん切りの【A】と砕き唐辛子を空いたスペースで炒める。油を追加してもよい。
  6. 水、塩、鶏がらスープの素、砂糖、ケチャップ、ナンプラー、酢、トマトピューレを入れ、煮立てる。好みで味の素を入れると一層本場の味になる。
  7. 味見をして、調味料で味や辛味を調える。
  8. 加熱を続けながら、水溶き片栗粉を白糸の滝のように細く流し入れて、全体を混ぜてとろみをつける。
  9. 卵液を白糸の滝にように細く入れて、全体を混ぜて、細かく分散させる。
  10. 皿に盛りつけて、コリアンダーの葉(パクチー、香菜)を散らしてできあがり。
  11. Enjoy!
こつは:
・あればブラチャン(東南アジアの発酵エビペースト)を入れると美味しいし本場風。
・日本の一味唐辛子は辛味が強く、韓国や中国の唐辛子は辛味がそれほど強くないことが多い。
・白いご飯に非常に良く合います。
・写真はワタリガニで作っています。

Tips about cuisine

・マレーシアやシンガポールの中国普通語で、チリクラブは、辣(laat) 椒(jiu) 螃(pong) 蟹(haai)(ラーチューポンハイ)、広東語系の中国語では辣(laat) 子(ji) 蟹(haai) (ラーチーハイ)とも呼ばれます。
・シンガポールは英語が極めてよく通じる国なので、「Chili Crab」または「Chilli Crab」で問題なし。
・エビチリと共通する料理だけれど、東南アジアらしく、コリアンダーの葉、レモングラス、ナンプラー、ブラチャンなどが入るのが特徴です。
・現地では、花巻(具のない肉まん、肉まんの皮だけの主食)で汁をすくって食べたりもします。
・下の記事によると(出典:singapore infopedia)・・・
チリクラブ

1950年代にCher Yam Tianにより発明。いつもトマトソースでカニを炒めていたところ夫にチリソースの使用を提案されたのが始まり。1963年シンガポールの名シェフHooi Kok Wah氏により酸味やとろみの強いバージョンが開発され、これが今のシンガポールスタイルとして定番となる。2009年、マレーシアの観光大臣Ng Yen Yen氏は、チリクラブはマレーシア料理と主張。シンガポール人はそれに反感。

・・・私は、マレーシア料理とシンガポール料理の両方でよいと思う。シンガポールは1945年に第二次世界大戦後日本が撤退してから英国が再支配し、1959年に自治権を獲得し(英国自治領)、1963年にマレーシア連邦結成し、1965年にマレーシアから分離独立(連邦離脱)。つまりチリクラブの原型が作られ名シェフが今のバージョンを作ったときは、マレーシアとシンガポールは分かれていなかった。後者のときはマレーシアである。

・なお文中に出てくる、チリクラブを出す最初のレストランの場所は、下の位置。つまり現在のシンガポールである。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

3 thoughts on “チリクラブ

  1. べぐ より:

    こんにちは。これこれ、これは今や私の自信作です!

  2. Azusa より:

    わ!嬉しい!v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です