アンゴラチキン★モアンベ・デ・ガリーニャ

アンゴラチキン★モアンベデガリーニャ

アンゴラ料理は「アフリカらしいアフリカ料理」が多く残っている。このモアンベデガリーニャ(命名アンゴラチキン)も、バントゥーというアフリカ主要民族の一の典型料理。おうちでアフリカ、してみたい人いませんか。これオススメです。
材料(2~4人分

骨付き鶏もも肉2本
パーム油大3
にんにく1かけ(すりおろすかおろしにんにく使用)
玉ねぎ大1個
トマトピューレ大3
鷹の爪2本
<以下任意で>
レモン果汁大1
ピーマン2個
ナス1本
オクラ5本
さといも2個
調理時間:
作り方:

  1. 鶏肉ににんにくすりおろし、塩小1、あればレモン果汁大1をまぶしてマリネする。
  2. フタができる中くらいの鍋にパーム油を入れ、玉ねぎ粗みじん切りを入れ、中火で2、3分放置。
    (混ぜずに放置で玉ねぎを炒める感じ)
  3. トマトピューレを入れ、鍋の中を混ぜて、2、3分放置。
  4. ピーマン2cm角切りと鷹の爪(丸ごと)を入れ、その上に鶏肉を乗せる。
    (鶏肉のマリネ液も入れてしまう)
  5. 鶏肉の下半分に浸かる分量の水を入れる。
  6. フタをして中火で10分程度放置。
  7. 好みで、ザク切りのナス、オクラ、サトイモを入れ、鍋の中を混ぜて赤い油を絡める。
  8. 味見をして、塩加減を整えたら、フタをして10分放置。
  9. だいたい具が煮えたら、フタを外して水分を9割がた飛ばす。
  10. チキンを皿に取り出し、ソースの最後の味見をして、塩加減をよくして、皿にすべて盛る。
  11. Enjoy!
こつは:
・ソースの旨味が足りないときには鶏がらスープの素やチキンコンソメを足す。
 (アフリカ人もガンガン入れてますw)
・野菜たっぷりで作るときはパーム油をもっと増やしても良い。
 (アフリカ人はこの何倍も使います)
・サトイモはタロイモと食感が似ていてかなりアフリカンです。おすすめ。
・トマトピューレでなくても、生トマトでも(本来こっち)トマト水煮缶でもよい。
・現地ではピーナッツソースをたっぷり入れるレシピもある。
・写真の主食はキャッサバの粉を練ったものです。アンゴラ現地名はフンジ(又はピラン)(いわゆるフフ)
レシピはこちら⇒フフ★西アフリカのおイモのおモチ

Tips about cuisines

・アフリカに広域に分布するバントゥー民族の料理である。
・アンゴラでの料理名:モアンベ、ムアンバ
・ガボンでの料理名:ニェンブウェ



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です