きのこへの考え方

きのこへの考え方。
野生きのこって経験の少ない人が採る場合、さらに経験が無い人にとっては「危険」の対象なんですよね。

「道の駅でも毒きのこが売られているほど」「プロでも間違う」「やめてー」

・・・きのこの経験がない人からは、なかなか理解が得られません。

よく聞く「道の駅で毒きのこ・・・」という中毒事例について、思うことがあります。一つは、売った側は、本当はきのこのプロではなかったのかもしれないということ。二つめは、商品価値を高くして売るために(きのこが割れたり欠けたりしないようにするために)、鑑別を省略しているのかもしれないということです。かじって味を確認したり、軸を割って空洞の具合を見れば類似きのこを排除できる、そういう鑑別が鍵になるきのこもあります。

そして三つめは、買う側にきのこを見分ける知識がなく、パッケージの名称を鵜呑みにしている可能性です。「パッケージに書かれた文字を見てきのこを見ていない」から、中毒事例が起こるのではないかな。そう思うこと、ありませんか。

自分がきのこを採る場合も、人が採った場合も、鑑別の知識はないよりはあるほうがいいと思っています。また、思うのですが、医薬品のパッケージには添付文書が入っていて、副作用情報などが記載されているように、道の駅でも、類似きのことの鑑別方法などを記載した文書を添付するとよいですね。そうすれば、野生きのこは、正しい知識とともに、より安全に消費者に広まっていくのになって思います。

あと、中毒事例の詳細を見ると・・・「80歳台、女性、食後に倒れ・・・」「きのこ狩りの夜、仲間と共に調理し、酒宴」といったように、疑問を感じるものもあります(「その高齢が原因では?」「暴飲暴食が原因では?」、等)。また、きのこ狩りに行った日の夕食は、複数きのこを食べることが多いでしょうから、医薬品にも相互作用があるように、複数のきのこを食べるのは危ないことになるかもしれないと思うんですけれど。

私は、今のところは、うちで採れたきのこは、1日に1種類だけ食べるようにしています。
そのほうが、万が一体調を崩したとき、原因きのこを特定しやすくなるからです。

きのこ好きの友人が言っていました。
「死んじゃうきのこなんて少ししかないし、食べる量でも全然違うのにね。」

確かに。

毒きのこの知識はしっかりと勉強しました。致命的なきのこは手すら触れないよう、すべて頭に入っている必要がある。そういうきのこは数十種類しかないから、これは出来ます。

きのこを採ることはは楽しく有意義ですが、素人が「あ、あの写真とそっくり!」と比較対象の知識が乏しいまま同定しちゃうことがあるので危ないのです。「そっくり=それと同じきのこ」・・・白だと思ったら食べるというやり方はしてはならないと思う。「似たようなきのこの区別がつかないうちは食べないということができない方が多い」とは、私にきのこを教えてくれる恩師の言葉でもあります。

私は、きのこについてはまだまだ駆け出しですが、それでも、うちに生えたもので、食べるに至ったものは、可能性のある類似種をすべて除外するまで調べています。2人で別々に調べて検討結果を照合して判定しています。それでも知られていない亜種もあるかもしれない、間違える可能性はあるのかもしれないけれど、断定に至らないきのこは食べません。推定では食べません。

きのこは、白だから食べるのではなく、黒を排除する知識と能力が必要なんだなーって、強く実感しています。おかげで体調に変化を感じたことは一度もないです(^o^)

あと、判明しているものは、毒の成分名も見ます。正直なところ、「この成分程度ならw」と思う毒成分も、「これは絶対ダメ」と思う毒成分まであります。毒って、すべてが一律同じではないんですよ。毒成分を含むとされるいわゆる毒きのこは食べませんけれど、確認はします。慢性かつ非可逆性の障害は絶対に避けたいです。

何よりそうやってお勉強する過程が楽しい!と思いませんか!

その上で、きのこは面白いし有意義だし、有意義なら伝えたいし、と思って発信しています。

あと思うのが、「体質により中毒を起こす」という類のものです。例えば、カニやエビは、アレルギーを起こす人でなければ、とても美味しいものですよね。「体質により中毒を起こす」というきのこだと断定できた場合は、(まだそういうきのこに出会っていないのですけれど)、一度食べてみて、アレルギーなどを起こさなければ、食べていっていいんだろうなーと思っています。

世の中、毒と付き合っていくということも知識として持っておいたほうがよいですよ。塩は胃癌プロモーターだし、春の山菜の王様のワラビも発癌成分プタキロシドを含む。だけど塩を排除して生きている人はいないし、ワラビは春のスーパーでも売られる人気の食材です。

大事なことは、「適切」を知るための知恵と知識だと思っています。

「きのこはベテランでも間違う場合がありますので、もし初めて見つけたときは信頼できる人に鑑定してもらってからにしましょう」とはよく言われる言葉です。

私も、「慣れてしまったがために確認を怠った」といったことがないように、いつも初めての気持ちで慎重に確認をし、「うちのきのこ」という楽しい暮らしをしていこうと思っています。

「世界の料理 NDISH 」(エヌディッシュ、jp.ndish.com)の「楽しい暮らし・きのこ編」。おでかけしないでうちで採れるきのこは、高級品種でなくったって美味しいものです。慎重派なので毒きのこは一生懸命調べて除外したい。きのこの名前をご存知の方は是非お教え下さい。