キクラゲ

キクラゲ

キクラゲ

珊瑚樹の切り株にキクラゲが生えていました。
それほど大きくなく、大きくても人の耳ほどのサイズでした。
このときは雨が何日も続いていたので、随分透明感があります。
毛は普通に摘んでも触っても、毛を感じないようなものでした。
まさかこれから多種多様のきのこに遭遇するとは思っていなくて、あまり特徴を観察していなかったんです。(><)

*その他のキクラゲ*

  • アラゲキクラゲ→似ているけれど、荒毛と書くように、写真を見ると、毛が目立つ気もします。
  • シロキクラゲ→白い。
  • ハナビラニカワタケ→フリル形状。
  • ヒメキクラゲ→墨汁が固まったみたい。
  • タマキクラゲ→樹脂が丸く固まったみたい。

なお、キクラゲは同じ木に1、2年しか生えないんだそうです。
折角見つけたので、この木に生えなくなったあとも、周辺の木から見つかることを願っています。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイト記事や写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です