ヒラタケの炭火炙り焼き

ヒラタケの炭火炙り焼き

ヒラタケはシイタケに似た旨味をもつきのこです。

この日、優しいご近所さんが、ケヤキの木で作った高級火鉢をプレゼントしてくれました!! 自宅ではもう20年以上使っていないものとのことですが、100年以上前に作られた、今で言えば骨董品です。

もぎたてのヒラタケには水分があり、それを火鉢の炭火で炙って、地元の海から作られる海塩をパラリとふっていただきました。焼いたきのこの旨味の強さは素晴らしいですよ。でも、言い換えると、旨味が濃すぎるので、次回は酢醤油みたいなさっぱりしたタレで食べても美味しいに違いない♪ と思いました。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイト記事や写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です