キッコウアワタケ

私がここに引っ越してきたとき、菜園に最初に植えた作物のひとつが京芋でした。数ヶ月耕していない畝がまだ残っていたとき、その畝に、ひょっこり登場した小さいきのこです。10月下旬の撮影です。

キッコウアワタケ

ヒビわれているカサ。角度によってうっすら表面が白く見える、明るい茶色のベルベット状のカサ。キッコウは「亀甲」なので、このヒビワレが特徴ですね。しかし幼菌はキッコウが入っていませんでした。カサは乾いていて、ぬらしてもぬめりは出ませんでした。

軸は、カサに近い方が白く、基部に近い方が赤い茶色い。最初つい「アシベニっ♪」なんて単語が出てしまったくらい、軸が紅色だという印象だった。ただし、このキノコは、カサは地上に出ていたけれど、軸は地面に埋まっていたので特殊ケースかもしれない。

特徴的なのは、横から見た姿です。

キッコウアワタケ

反り返るような姿。つまりアミの隆起が目立ちます。「成長するとこの管孔部分が膨らみ、浅いお椀のような形になります。」と何かに書いてあるので、これだけお碗状になったものは十分成菌なのです。

アミは上生?湾生? 軸の付け根の部分においてアミがへこんでいます。これがお碗状ということです。

キッコウアワタケ

アミは黄色く、打撲の跡が弱く青変します。アミは、明確に穴があいています(管孔)。キメの細かいスポンジではなく、網戸の網みたいな穴でした。

断面です。きれいですね。

キッコウアワタケ

軸の断面も、基部に近い方が茶色くなります。軸は重みがあり、空洞でなく詰まっています。

青変するのはアミの表面限定でした。

キッコウアワタケ

* * *

<類似きのことの鑑別>
◆コウジタケ(食):カサが紅色で、コウジ臭がする。
◆ドクヤマドリ(毒):軸の断面が白くて青変。
◆アミタケ(食):管孔と軸のつきかたが違う、青変なし、ぬめりあり。
◆アワタケ(食):よく似ているのだけれど、今回収穫したものはカサが亀甲になっている点でキッコウアワタケだと思った。

* * *

アワっていうだけあるふわっふわの食感です♪
バター醤油炒めにしました。
ふわっととろける♪
うまーい♡

きのこの記事について:我が家は、雪は滅多に降らない(降っても数cmしか積もらない)気候の、いわゆる日本の暖地~中間地で、海際から1kmくらいの、少し周囲より高い場所(標高約100m)の、南向きに見晴らしのよい場所に建っています。東の隣には住宅が続きますが、西の隣に今は誰も歩かない林道がきれいに残っていて、そこを500mほど西に進んで少し高度を下げると再び車道と民家があります。サイトに掲載するきのこの多くはその500m区間に生えます。きのこ鑑定については調べて調べまくる性格もあり、採取きのこを食べて体調に変化をきたしたことは幸い一度もありません。なお私も家族もお酒が飲める体質、概ね健康体質、アレルギーなし、服薬中の薬なし。また、記事掲載日はきのこ情報に関係しません。きのこへの考え方

同じカテゴリー「 楽しむ暮らし・きのこと野草」の記事です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。