優しいご近所さんが、釣りの帰り道に素敵な置き土産を!!

うちは海際の国道から700mほど入った場所にあり、要は、ちょっと行けば海があるところに住んでいます。海はいいですよね。海の幸は大好物です。

さて、鯵が美味しいことで知られるうちの地域も、鯵の群れが出るようになったとのことで、釣り好きの優しいご近所さんは、釣りに行かれています。そして・・・心底嬉しいことに、帰り道に、獲れた魚をたっぷりと置いていってくださいます。

ということで、数日前の夕食は、ぴっかぴっかの鯵が嬉しくて、そういえばここんとこお刺身を食べていなかったような気がして、いただいた鯵29尾(多い!)を全部刺身にさばきました♪♪ 

鯵料理

でも、20尾分くらいを刺身で食べたら味を変えたくなり、残り9尾分はタレに浸してから酢飯に乗せてアジ丼にしました (・ω<)☆ 幸せ。

* * *

そして再び!

「前回29尾だから今日は30尾!」と言って、これまたぴっかぴっかの鯵を置いていってくださいました。お刺身が続くよりも、今度はアジフライが食べたーい!! ということで夕食は鯵30尾を「全部」(笑)アジフライにしました!!!

鯵料理

パン粉が途中で切れてしまい、買い置きの食パンをパン粉にする作業も含め、30尾をおろし始めてから食べるまでに3時間かかっちゃったけれど、釣れたて獲れたての、お刺身にも最高クオリティーの鯵のフライは、身がふわふわとしていて、生まれて初めてこんなに美味しいアジフライを食べました!!!アジも三枚おろしがおすすめということで、贅沢な味わい!! (・ω<)☆ 幸せ。

わーい、美味しかったなー♡ お忙しい中立ち寄っていただき本当にありがとうございます!!!

鯵

* * *

そうだ。

アジ丼のタレのレシピを載せておきます。とっても覚えやすいレシピです。煮切ったみりんに醤油と水を入れて沸騰させてから冷ますだけなので、甘くて風味のある淡い醤油ダレという感じです。いろんな調理の調味料に使えるので、作りやすい量を作り、余ったものを後日の料理に使えば、炒め物も煮物も、いろいろと役立ちます。

heart『アジ丼のタレ♪』
材料(作りやすい量):

みりん
1/2C
醤油
1/2C
1/2C

作業工程:5 分

  1. 小鍋にみりんを入れて強火にかけ、体積が半分になるまで煮詰める。
  2. 醤油と水を入れて混ぜ、沸騰させ、沸騰後火を止める。
  3. やや冷めたところで味見をし、甘さ加減や醤油の濃さ加減を好みに調える。
  4. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。